金額の相場について

企業法務を依頼する際には、当然、依頼料というものが発生します。依頼料は企業によっても異なりますので一概には言えませんが、フリーの弁護士の場合は特に、知り合いの伝手でやっているところがありますので、言い値で安くしてくれるケースが多いと言えるでしょう。

また、顧問弁護士の場合も、あくまで固定のお給料で支払いをしているところがほとんどですので、+アルファでの支払いというより、契約制で支払いをしているという企業が多いでしょう。こちらも最初の言い値によりますが、仕事ぶりに応じて、金額がアップしたり、ボーナスを出すという企業もあるようです。

ある意味で最も安定した価格であるのが、法律事務所に企業法務を依頼する場合です。法律事務所では一律、歩合制で依頼料金が発生しますので、法律事務所によって大きく差が出ます。フリーで頼むよりも多めに取られることも多く、あまり頻繁に頼んでしまうと、損をしてしまう可能性があると言えるでしょう。

そうならないためにも、法律事務所に依頼をする際には特に、いくつか金額面を比較して、納得のいく金額の事務所に依頼をすることが大切です。また、一概には言えませんが、結果としてお得になるのは顧問弁護士と言えるでしょう。