依頼する方法は?

企業法務を弁護士に依頼をする際には、どの弁護士に依頼をするかによっても、依頼方法が異なってきます。あくまで一例ではありますが、例えば、このような方法で依頼をする方が多いでしょう。

まず、フリーの弁護士に依頼をするという場合。こちらの場合は直接弁護士に連絡を取って、仕事内容を伝え、OKが貰えれば契約を結ぶという形になります。中には契約締結書などを作成する企業などもいるようですが、フリーの方に頼む場合は、ある程度信頼関係が出来たうえで依頼をすることが多いので、あまりこうした契約書を結ぶ方が少ないと言えるでしょう。

次に法律事務所に依頼をする場合ですが、こちらの場合はまず、法律事務所の受付に電話などを行う必要があります。弁護士に直接連絡をするのではなく、事務所側が推薦してきた弁護士さんに依頼をするという形になると言えるでしょう。

そして、顧問弁護士に依頼をする方法ですが、こちらの場合は顧問弁護士ですので、企業法務は依頼をするまでもなく、全てお任せになっている企業がほとんどです。社員として高いお給料を支払っていますので、あくまでルーティンの仕事の一環として任せる形が多いでしょう。このように、依頼する弁護士によって少しずつ異なりますので、注意が必要です。