依頼できる内容について

企業法務を依頼する際には、依頼できる範囲などがあるのかどうか疑問に思う方もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、依頼を受けた仕事は、法律に違反をしていない限り、しっかりと受け持ってくれることがほとんどであると言えるでしょう。

特に顧問弁護士の場合は、企業で働いていると言っても過言ではありませんので、毎日のルーティンとして、こうした企業法務を行っている方がほとんどです。わざわざ依頼をするという手間が省けますので、顧問弁護士を雇うことは、非常に効率が良いと言っても過言ではないでしょう。

また、他の弁護士の場合でも、ある程度信頼関係が築けているという場合や、何度も依頼したことがあるという場合は特に、顧問弁護士と同じように、既にやることが分かっていますので、仕事内容に問題はありませんが、他のお仕事と並行してやられていることがほとんどですので、顧問弁護士とは違って毎回頼むことが出来ない場合もあると言えるでしょう。

確実に同じ人に依頼をしたいという場合や、企業法務は全てこの人に任せたいという場合は、可能であれば、その弁護士さんと、顧問弁護士の契約をしてしまうというのも、一つの方法と言えるかもしれません。